第1回 「インカム」について語る

高田馬場ゲーセンミカドの店長、イケダミノロックです!

コラムの依頼を受けたのですが、所詮僕はいち個人経営のゲーセン店長、何を書こうかな? と考えた結果、今まであんまり語られることのなかった 「ゲームセンターのお仕事」 について定期的に原稿を書こうかと決めました。個人経営ゲームセンターの裏側で何が行なわれているのか? お店によってもだいぶちがうと思いますが、ここでは僕の経験を赤裸々に語りたいと思います!

第1回目はわかりやすさ重視ということで、「インカム」についてです!

 

「勘」を支える「インカム」の存在

ビデオゲーム中心のゲームセンターって自分のお店で稼動しているタイトルをどのように選択しているか疑問を持ったことはないでしょうか? 結論を言います、稼動タイトルの選定は最終的に店員さんの「勘」です。もちろん「勘」といってもある程度の裏付けがあります。

「お客様からのリクエスト」 「近隣競合店舗リサーチの結果」 「WEB上での評判、コミュニティの有無」 といった情報収集を基点とし、お店の方針によって裏付けはさまざまかと思います。

情報収集してるんだから「勘」とはちがうのでは? と思ったかたもいるかもしれません。確かにそのとおりなのですが、「いける!」と思ったゲームが予想に反して全然だめだったり、「とりあえず」とか故障機の替わりに「やむを得ず」稼動したゲームが馬鹿みたいに高インカムを叩き出したりと、結局は稼動してみるまでわからないことが多いので僕はある程度の「裏付けにもとづく勘」と、ここでは定義させていただきます (コアなゲームファンや少しでもゲームセンターの運営や経営にたずさわったかたなら、このニュアンスを共感していただけると思います)。

ではつぎに、ゲームが撤去される基準はいかなる理由が考えられるでしょうか。こちらも結論から言うと、「インカム」です。まずは、ご覧いただこう(なんとかビデオみたいに……)。

※スマートフォンは拡大または横画面でご覧いただくと見やすくなります。

インカム表

インカムとはゲームセンターでお客様が遊んだ際にゲーム機に入った「お金」つまり「売上」です。売上の数字が高ければそのゲームはお店を運営するにあたり貢献度が高く、低ければ貢献度が低い(つまり撤去/入替につながる)ということになります。

なお撤去か続投かの判断はお店によって基準がことなります。大雑把なたとえですが、100台の汎用ビデオゲーム筐体(アストロシティとかブラストシティとかあの手の筐体のことです)が稼動しているAとB、ふたつのお店があると仮定します。Aは駅前にあるので家賃が高く1か月100万円です。一方、Bは少し郊外にあるため1か月の賃料が20万円とします。

この場合、同じようなラインナップのお店だとしても前者は維持するのがBよりも大変なのは明白で、当然、ゲームタイトルに期待する「インカム=貢献度」の数字目標はAのほうが高くなるというわけです。

 

「インカム」を維持する努力

また、家賃以外にもお店を運営するにはさまざまな経費が存在します。光熱費、人件費、消耗品費……これらすべての予算(お金)を確保するために、店員さんは日々、「インカム表」とにらめっこしつつ「勘」を発揮しているわけです。先ほど添付したデータは店員さんがにらめっこしているであろう「インカム表」となります(集金伝票とも呼ぶ)。

時期は伏せていますが僕が経営している「ミカド」における嘘偽りなしの数字となります。インカムが高いゲームは生き残り、低いゲームが一定の期間で撤去されているさまがわかります。わかりやすく「勘」と乱暴に表現してしまいましたが、この数字の羅列されただけの書類を根拠とし、ゲームセンターの店員さんや経営者はさまざまな行動を実施しているのです。

ビデオゲームジャンルを中心としたゲームセンターを経営するのは大変ではありますがじつに楽しいです。たまに自分の思い入れの強いタイトルを稼動させてお客さんに楽しそうにプレイしていただく姿を見かけると、ものすごく幸せと喜びを感じることができます。

そんなタイトルばかりを稼動させてお店が維持できるならこれほど幸せなことはないのですが、そうばかりも言ってられません。数字的に貢献できないタイトルはいくら思い入れがあっても当然撤去/入替されてしまうのが現実なのです。


インカム_カット

(イラスト・菊野郎)

ゲームを存続させるための“あがき”

僕も中学生時代に通っていたゲームセンターが、大好きで毎日プレイしていた「グラディウスIII」を「究極のオセロ」に入れ替えてしまったことがありました。ショックを受け、悲しかったことを今でも鮮明に覚えています。

今思えば、僕以外に遊んでる人がいるわけでもなく、僕自身のプレイ時間も長いうえ、ゲームタイトルの性質上、連コインも大してできないことから当然の結果と受け止めていますが、当時の僕の心境としては 「俺の大好きなタイトルが無くなったあああ!!!」 と思った次第であります。

そんな中学生時代の経験から、僕が経営するお店では、「貢献度の下がったゲームのインカムを上昇させるため」できうるかぎりの行動をするようにしています。具体的にはブログ、TwitterなどWeb上での告知といった簡単なことから「実演プレイ」とか「初心者講習」といったイベントを実施するといった感じです。もうね、それこそ、ひとりでも遊んでいるかたがいるかぎり最後の最後まであがきつづけます。

……とはいっても最近じゃ従量課金ゲームの出現、経年劣化によるレトロゲーム基板の程度、状態の悪化など現実はなかなか厳しく、2014年7月現在もそのノウハウを研究、実験、模索している最中であります。

 

「インカム表」がつむぐ縁

「インカム表」……僕はこの数年間、このゲームタイトル名と数字の羅列されただけの書類を根拠とした行動をし、さまざまな企画を生み出し、それに付随するたくさんの人脈を作ることができました。また、そこから派生した新たな商品企画実現に立ち会えたり、さらなる人との出会いなど、本当に書ききれないほどすばらしい人生経験、人間的成長をさせていただきました。

いや、もちろんいいことばかりじゃないけど、それを含めて最近、これってすごく幸福なことだよな……と感じるようになりました。なので、インカム表とのにらめっこはまだまだ当分つづきそうです。

(文・イケダミノロック)

【イラストレーター紹介】

菊野郎 いろんなところでゲームのコミカライズや4コマ等漫画などを連載中。連載、単行本の情報はサイトにて。おしごとください。

関連リンク
菊屋敷

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

イケダミノロックゲームセンター店長
株式会社INH代表取締役、高田馬場ゲーセンミカド店長。一応プロのギタリストです。ゲームとかパチンコの曲を録音させてもらったり、ゲームミュージックの公式バンドもやってます。

関連リンク
高田馬場ゲーセンミカド
HMR
BAD CONNECTION