「ミカドグラディウス部」栄光の軌跡をまとめた連載第14回は、グラディウス部・顧問のNEMESIS仮面による模範プレイ(2周目・ステージ3~4)にもとづき、2周目クリアに必要なポイントを中心にお届けしていくぞ。

【ステージ3(2周目)】

モアイや、モアイがはき出すイオンリングを破壊しても撃ち返し弾が発生しないことから、基本的な立ち回りは1周目とほぼ変わらない。ただし、ときおり登場するザコ敵が撃ち返してくることがあるため、バリアはかならず張っておくようにしよう。なお、ステージ最後に登場するマザーも撃ち返しはしてこないので、点数かせぎも1周目と同じように実行可能だ。

イオンリングのスピードが速い点も1周目とのちがい。油断してやられないように気をつけよう。

イオンリングのスピードが速い点も1周目とのちがい。油断してやられないように気をつけよう。

 

【ステージ4(2周目)】

敵の出現位置を把握したうえで先制攻撃を仕掛けて、敵の攻撃を最小限にとどめる戦い方が求められる。そういう点では、ダブルよりもレーザーで戦うのがより確実と言えるだろう。自機がやられた場合に復活することは非常に難しいステージなので、ノーミスでのクリアを心がけたい。

ちなみに、NEMESIS仮面はステージ4ラストのアイアンメイデン地帯で、地上の敵を処理しきれずにやられてしまうという痛恨のミスを犯す。しかしそこから堂々の復活を果たし、その1ミスのみでステージ4をクリアすることができた。このNEMESIS仮面、NEMESISが異常にうますぎる……!

2周目のアイアンメイデン地帯でも、1周目と同様に写真のパターンが有効。ただし、ハッチから出現するザコ敵を確実に破壊できない場合は地獄を見る。

2周目のアイアンメイデン地帯でも、1周目と同様に写真のパターンが有効。ただし、ハッチから出現するザコ敵を確実に破壊できない場合は地獄を見る。

【グラディウス2周目攻略情報】復活時のアイアンメイデン対策

2周目の4面後半でミスした際、復活時に1周目と同じパターンを使おうとするとハッチから出現するザコ敵に攻撃を受ける。そのため、ここではザコ敵の攻撃を受けず、かつ、アイアンメイデンを撃破できる位置取りが必要となるのだ。

左の山頂からやや下に離れ、かつ、アイアンメイデンのコースに接触しない写真の位置なら、ザコ敵からの弾を防ぎつつアイアンメイデンも撃破可能。目印が少ないので位置の調整をしづらいが、復活パターンとして必要なものなのでぜひマスターしてほしい。

ハッチからのザコ敵が山頂付近を通過するときに撃つ弾は、山ですべて防いでいるとのこと。これでアイアンメイデンの対処だけに集中できる。

ハッチからのザコ敵が山頂付近を通過するときに撃つ弾は、山ですべて防いでいるとのこと。これでアイアンメイデンの対処だけに集中できる。

  難所である2周目のステージ4で痛恨のミスをするものの、みごとに復活を果たしたNEMESIS仮面! これで残すはあと3ステージ。次回「ミカドグラディウス部 vs NEMESIS」第15回に乞うご期待!

(文・FOOすけ)

【関連リンク】

ミカドグラディウス部まとめリンク  

(C)Konami Digital Entertainment

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

FOOすけ
7つのペンネームを使い分け(本当は3つくらい)、さまざまな媒体で執筆活動を行なっている覆面ライター。でも隠しているわけでもないので、聞かれればお答えします、とは本人の弁。