【番外編】なぜミカドは9~11月のほうが忙しいのか!?

高田馬場ゲーセンミカドの店長、イケダミノロックです!

今まであんまり語られることのなかった「ゲームセンターのお仕事」。個人経営ゲームセンターの裏側で何が行なわれているのか? お店によってもだいぶちがうと思いますが、ここでは僕の経験を赤裸々に語りたいと思います!

最近はちと年末進行でいそがしいので、番外編として、しばらく僕自身の業界への雑感コラムっぽい感じで進めます。今回は「閑散期のミカドがなぜ忙しいのか」についてです!
※当原稿は僕の仕事上のつながりのある方しか見られない、クローズドでの日記をもとに内容を加筆修正したものです。

閑散期にゲーセンを盛り上げる!

9月から忙しく駆け抜け、やっと昨日で一段落。振り返るとこの2ヵ月半のあいだ、平日ほぼ毎日開催しているゲーセンでのイベントスケジュール消化にくわえ、二度のバンドライブ出演、そのリハーサル、たび重なるUST配信の司会、ラジオの出演、シューティング実演プレイに向けて7タイトルぶんのゲームを練習、おまけに母親の体調不良に親戚の葬儀、とどめは10月末の会社の決算月……。あ、僕はほとんど関与してませんが、会社的には何枚かサントラCDも作ってましたね(笑)。

ええい! 忙しいっつーの!

ほら、ゲーセンって夏場、お盆が繁忙期じゃん? そうなると、秋から年末まではどうしても売上が下がるのよ。その穴埋めで9月から昨日まで、平均して毎日店が盛り上がるように企画を仕込んで、日々処理をしてたわけ。後悔したくないから多少の無茶を承知のぱっつんぱっつんスケジュール(笑)。目が回りましたよ、流石に(笑)。体調良くない日もあったし、ストレスも半端ないです、円形脱毛症くんともかなり仲良くなれました。でも、途中「こりゃ駄目か」と思いつつも、結局なんとかなっちゃうものだなあと。

いやいや、すべては会社や家族や関係、協力していただいてる皆さんの支えがあってこそです。関係各位の皆さん、そしてお客様、本当にありがとうございます。この感謝の気持ちはいつかかならずご協力や、なによりも幸せ、楽しさでお返しいたします。

そんなこんなで、おかげ様でこんな時代にも関わらず、会社もミカドも今、売上が絶好調です。しかし、現実の経営は意外と大変で、震災後数年間の売上低迷の穴埋めと銀行融資の返済が終わるまではまだまだガッツリ働かないとお金は残せません(笑)。「お前はそういう足かせが無いと働かなくなるから丁度いいよ」と大塚ギチ先生にいつも言われますが、はい! まったくもってそのとおり(笑)! なので働きます!! 不可能を可能にしてきた、ハード低迷期のコナミのゲームソフトのごとく!! そして、融資をすべて返済したら、毎日の仕事は誰かにまかせて遊びまくります!!! ……それは冗談です、生涯現役です。ハラはすでに決めています。

しかし、ゲーセン衰退って事象が自分も含めこの10年、それこそ掃いて捨てるほど語られたけど(誰も具体的改善案の提示すらせずにね)、それって今までのスタイルが限界だったってだけで実際は衰退なんてしてないのかも。何かのせいにしてるうちはどんな商売も上手くいかない。本人のやる気しだいでなんとかなるんだと改めて思った2014年秋。

いや、そりゃ、今さら、豪邸建てるとかビル建てるとかまでは無理かもしれないけどさ(笑)。家族がつつましく生きていけりゃそれでいいかなと。てなわけで、昨日からお店の掃除や整理整頓に復帰しました! また今日から普通のゲーセン店員おじさんに戻ります! 良かったらミカドに遊びに来てね! 年末年始も楽しい思いさせちゃうぞー!

(文・イケダミノロック)

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

イケダミノロックゲームセンター店長
株式会社INH代表取締役、高田馬場ゲーセンミカド店長。一応プロのギタリストです。ゲームとかパチンコの曲を録音させてもらったり、ゲームミュージックの公式バンドもやってます。

関連リンク
高田馬場ゲーセンミカド
HMR
BAD CONNECTION