【番外編】「2014年理想の業務用シューティング」について!

高田馬場ゲーセンミカドの店長、イケダミノロックです!

今まであんまり語られることのなかった「ゲームセンターのお仕事」。個人経営ゲームセンターの裏側で何が行なわれているのか? お店によってもだいぶちがうと思いますが、ここでは僕の経験を赤裸々に語りたいと思います!

最近はちと年末進行でいそがしいので、番外編として、しばらく僕自身の業界への雑感コラムっぽい感じで進めます。今回は「2014年理想の業務用シューティング」についてです!
※当原稿は僕の仕事上のつながりのある方しか見られない、クローズドでの日記をもとに内容を加筆修正したものです。

アーケードゲームでも練習できる環境を

ギタープレイでミスや弱点を克服するのは、やる、やらないを考えなければ簡単だ。ひたすらメトロノームで最初はゆっくり、じょじょに早く、反復練習を繰り返せばいいんだ。上達までの時間は個人差があるが、基本的なフォームをマスターさえすれば、かなりむずかしい曲やフレーズも反復練習でかならず弾けるようになる。

しかし、アーケードシューティングゲームはこうはいかない。1面から毎回やり直し。飽きてくるから集中力も散漫になるし、練習したい箇所へ到達するまでの時間がとてつもないストレスになるのだ。うっかり一面で死のうものなら即捨てゲー……そんなイライラした精神状態ではその後のプレイもたいがいうまくいかないし、そんな日のプレイヤーはせっかく店に遊びに来てくれたのに無駄な時間とお金を浪費し、切ない思いで帰路につくこととなる。ゲームセンター経営者としてこれほどツラいことはない(ここまで読んで「プレイヤーが甘い!」とか思う人はすでに上手い人か老害ですんで、これ以上読む必要ないです、帰れw!)。

つまり、シューティングゲームは上達までの時間がギターなんかよりもはるかに長いのはまちがいない。ギター業界はこの辺が非常に丁寧で、練習アンプを小型化しリズムトレーニング機器やMP3機器とのリンクを容易にしたり、曲コピーの際はテンポを落とせるのはもちろん、楽曲を編集して苦手な部分だけを練習できるようなソフトも多数出回っている。

で、提案。素人考えだが今後開発される、シューティングゲームはアーケードにもコンソール版のような練習モードを実装して欲しい。ステージ選択や弾速選択、ランク選択などのオプションを可能なかぎり充実させ、お客さんに徹底的に修行、練習する機能を与えると(あ、家庭用移植で練習してゲーセンでクリアする! とかいう化石価値観は忘れるように! 各メーカーにそんなことされたら今のゲーセンは潰れますからw)。

オプションの解放は隠しコマンドでもオペレーター操作でも時限解放でもなんでもかまわない。あ! 練習モードは1回200円とかどうよ(ウソです)!? シューティングゲームはひとつのストーリーを完結させるインタラクティブなエンタメでもあり反面、スコア、クリアなど目的はさまざまだがストイックな競技的側面もあるジャンルだ。

ことアーケードにおいては、この競技的側面が非常に重要となる。練習モードがあることで、よく90年代シューティング開発話に出てくる「スタート後3分で殺せ!」も、考えようによっちゃ練習モードの存在で実現しやすくなりそうだし、練習モード実装による、トータル的なガチプレイ時のゲーム難易度調整も変わってくるのではないかと。あ、初心者対策で『ヴィマナ』みたいなゲーム作っちゃうとか、そういうモードを入れちゃうとかが一番ゴミです(笑)。そういうことは言ってないからやめてね(別に『ヴィマナ』をけなしてはいませんからね!)!

なんにせよ、いつの間にかアーケードゲームは敷居が高くなりすぎた。しかもゲーム下手な奴は帰れ的な意味不明な価値観も未だ普通に横行してるようにも思う。ミカドのヌルシュー部とかグラディウス部はそういった「ちょっと変だよ?」という価値観に対するアンチテーゼではあるが、充実した練習モードがあればそんな部活動いらねーし、ベガ立ち解説くんにあれこれ言われねーし、全部解決じゃね?

シューティングの復権に必要なのは新規とか、プレイの際の競う仲間とかプレイヤー本人の愛とか色々あるけど、そういった部分はゲーセンの販促にまかせてまず開発が用意すべきは練習できる、上手くなる環境じゃね? 少なくてもアーケードの最新格闘ゲームにはトレーニングモードがかならず実装されてます。そこに革新性やいい音楽やビジュアルがのれば、それだけでそのシューティングゲームは名作なんじゃねーの?と思うわけさ。

(文・イケダミノロック)

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

イケダミノロックゲームセンター店長
株式会社INH代表取締役、高田馬場ゲーセンミカド店長。一応プロのギタリストです。ゲームとかパチンコの曲を録音させてもらったり、ゲームミュージックの公式バンドもやってます。

関連リンク
高田馬場ゲーセンミカド
HMR
BAD CONNECTION