ゲーム業界をひっそり応援 今日も元気に業界ウォッチ!

これぞ夏の定番! ホラー系アドベンチャーアプリ!

皆様こんにちは! ライターのキャプテン住谷(すみたに)です。最近はムシムシと暑くなってきて、今年も夏がやってきた〜という感じがいたしますね。汗っかきの私は、外に出るたびヒィヒィ言っています。そんな日本の夏に欠かせないものと言えば……? そう、怪談です! というわけでこの記事では夏の風物詩・怪談の風情を感じられる、ホラー系アドベンチャー(文字を読み進める形式のゲームジャンル)アプリ3つをご紹介。またそのゲームの世界に、より浸ることのできるオススメのプレイスポットもチョイスしていきますよ!

姉の行方を追う本格派サイコホラー『人形の傷跡』

ホラーアプリ特集_01主人公「上条明日美」は突如として行方不明になった姉を捜すために上京します。姉が通っているはずの大学院、その「神子塚研究室」を舞台に謎は深まっていき……。本作のシナリオは多くのプレイヤーから高い評価を得ていて、ついつい引き込まれてしまうことまちがいナシ。

ホラーアプリ特集_02表現力豊かなテキストは、あたかもその場面が目に浮かぶかのよう。それだけでも十分なのですが、臨場感タップリなサウンドが物語を盛り上げてくれます。ぜひイヤフォンやヘッドフォンをつけてプレイして欲しいです。

ホラーアプリ特集_03ストーリーのところどころで表れる選択肢。プレイヤーの判断が、明日美の運命を決めていきます。もし、選択を誤ってしまったら明日美はどうなるのでしょう……。無事に謎の真相へとたどり着くことができるかどうかはアナタ次第。

本作のオススメプレイスポットは「家族が寝静まった後のリビング」です。普段そこにいるはずの家族がいないという空間は、本作をプレイするのにピッタリの雰囲気。誰もいないことが分かっている場所で遊ぶよりも、得体の知れない不安が胸に去来します。当たり前のように思っていた日常が、急に失われていくような錯覚すら感じられるかも……!?

タイトル 人形の傷跡
メーカー Child-Dream
価格 無料
対応機種 Android2.2以上、iOS6.0以上
 
 

仲間たちとともに怪奇現象の真相を解く 『ネコ公園で待ってる 前編』

ホラーアプリ特集_04成人式をきっかけに、数年ぶりに集まった主人公とその幼馴染たち。しだいに起こり始める怪奇現象をめぐり、物語が展開していきます。本作には前編と後編があり、前編は完全無料で遊ぶことが可能。一度前編をプレイすると、つづきが気になって後編もダウンロードしてしまうこと請け合いです!

ホラーアプリ特集_05幼馴染たちの穏やかな日常が描写されるシーンも多い本作。アニメタッチなキャラクターも相まって、のほほんとしてしまいます。だからこそストーリーの核に触れる場面とのギャップが激しく、その不気味さがドッキドキ。

ホラーアプリ特集_06とある幽霊の噂で持ちきりな片田舎・こだま町を探索したり、電話をかけたりして謎解きをしていくため、ゲーム性も十分。タイトルになっている「ネコ公園」がマップ上でも確認できます。

オススメプレイスポットはずばり、「深夜の公園」! 本作を遊ぶのにこれ以上のロケーションはないでしょう。物語の鍵となるネコ公園で、過去に一体何が起きたのか……。そんな考えを巡らせながらプレイするのも一興です。というか、深夜の公園というその状況がすでに怖い! ちょっとした物音にすら敏感になってしまいますね。

タイトル ネコ公園で待ってる 前編
メーカー sweet ampoule
価格 無料
対応機種 Android2.3以上、iOS4.3以上
 
 

その都市伝説は嘘か真か……『うつろ』

ホラーアプリ特集_07某大型匿名掲示板をほうふつとさせる、ネット上でのやりとりをメインに進んでいくストーリー。登場する話題は都市伝説という切り口で、かなりリアルな雰囲気です。過去にアナタが聞いた都市伝説も、もしかしたら本当にあった話だったのかも知れません……。

ホラーアプリ特集_08掲示板でのやりとりがこのアプリの基本形式。面白半分で都市伝説を検証しようという流れから、思わぬ展開になってしまいます。先が気になって読み進めているうちに、時間が経つのを忘れてしまうほどです。

ホラーアプリ特集_09プレイ中に取得した画像はこのような一覧に。写真は実写のものとなっていて、妙な迫力があります。無料で遊べるのはエピソード1の序盤までですが、お試しでプレイしてみてはいかがでしょうか?

最後のオススメプレイスポット、それは「電気を消して真っ暗にした自分の部屋」です。カーテンやドアを閉め切って、臨場感あふれる空間を作りましょう。パソコンが部屋にある方は、電源をつけておくとなお良し。ほら、このアプリに出てくる都市伝説、本当にありそうな気がしてきませんか……?

タイトル うつろ
メーカー Asian Bridge
価格 無料(アプリ内購入あり)
対応機種 Android4.0以上、iOS5.0以上
 
 

このようにただアプリをプレイするだけではなく、そのアプリを最大限に楽しめる環境やスポットを探してみるのも面白いのではないでしょうか? 皆様もぜひ、お試しあれ! 以上、キャプテン住谷でした。

(文・キャプテン住谷)

旧コンテンツ

RAIDEN_V_image02

カテゴリー

Twitter でフォロー

月別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © README Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.