名ゲームの影に、名曲あり。ゲームを語るときに忘れてはならないのが、そのゲームを彩るサウンドだ。このコーナーでは、ゲームミュージックをこよなく愛するライター・碧(みどり)が自信をもっておすすめできるゲームミュージックのサウンドトラックを紹介していく。

テクニクビート サウンドトラック(2008年/スーパースィープ)

テクニクビート_00


なんだこの懐かしくも新しい『マッピー』のメロディは。

池袋西口からほどよく歩いたところにある地下ゲームセンターで、かつてよく聞いたナムコミュージックを流す筐体が存在した。だが、ゲーム内容は『マッピー』とは似ても似つかない。曲に合わせてボタンをたたくと、ゲーム内のキャラクターが輪っかを持ち上げたりしている。それが『テクニクビート』との出会いだった。

あとでわかったことだが、このゲームは、2001年にプレイステーション2で『テクニクティクス』として発売されていたものが、2002年7月にナムコ版権曲を追加して、アーケードへの進出となったもの。

ゲームはなかなか難しかったが、なにせ曲を鳴らすだけで楽しかった。先の『マッピー』をはじめ、『ワンダーモモ』『ドラゴンスピリッツ』『ニューラリーX』『パックマニア』『メトロクロス』に『ゼビウス』という往年のナムコミュージックを、タイミングよくボタンを押すことで奏でていける。また、単なる音楽ゲームとちがい、どこがつながるかを考えていくパズルゲームのような側面もあった。

この『テクニクビート』の曲を収録した「テクニクビート サウンドトラック」には、おもにナムコ版権曲が収録されている。『テクニクビート』をやったことがなくても、オールドゲームが好きなら、きっとCDを聞いているだけで楽しいはずだ(ちなみにオリジナル曲は「テクニクティクスオリジナルサウンドトラック」に収録されている)。

曲は「スーパースィープ」とゲストアレンジャーが手掛けている。ナムコミュージック好きなら、細江慎治氏、佐宗綾子氏の名前は聞いたことがあるだろう。「BEMANI」シリーズにも、Sampling masters MEGA,AYA名義で楽曲提供をしているので、現在はそちらのほうが有名かもしれない。

しかしこのゲーム、とにかくサントラが出なかった。2002年にアーケード版が稼働して、ほどなくコンシューマ版も発売され、サントラ製作も前向きだ、という製作側のコメントが出ているというのに、いつまで経っても発売されない。と、ほぼあきらめていたところへ、唐突に「サントラ発売決定 2008年春」という知らせが。アーケードも撤去され、話題にものぼらなくなった今ごろになってなぜ、という思いと、やっと聞ける、という思いが交錯した。

テクニクビート_01

そのような思い入れの深さもあり、今でもこのアルバムはよく聞いている。『テクニクビート』を知らなくても、ナムコゲーム好きにはおすすめの1枚。

 

■一部曲紹介

・マッピー(AYA)
原曲をそこなわず、リズムを取りたくなるような曲調が心地よい。エクステンドのSEが最高。プレイしていてもこのマーカーだけは外せない。

・源平討魔伝(MEGA)
スローなイントロから入り、激しい連打が続いたかと思えば、流れるようなメロディへ。2分弱という制限によくぞこれだけ詰め込んだ、という名曲。

・リブルラブル(AYA)
キラキラなイントロとキャッチーなメロディが印象深い。『テクニクビート』をやってから元ゲームをプレイしたもののひとつ。左右のレバーと「リブル」「ラブル」の位置が入れ替わってしまうと混乱するよね。

・ゼビウス(MEGA)
源平とは逆に、あの短いテーマが曲になるとは。全体的にじゃかじゃかしている。テクニクでは最初から最後まで全部マーカーが繋がるという上級者向けの曲。

・スカイキッド(HIROTO)
『ファミリースタジアム』の曲じゃないんだよ。『スカイキッド』だよ。最近ではどうやら『ファミリースタジアム』で使われているBGMのほうが有名らしい!?

 

【関連サイト】

http://sweeprecord.com/

 

■収録曲

01 Technicbeat (Opening)
02 guts select (Select)
03 Youkai Douchuki
04 TOY POP
05 Cosmo Gang the Video
06 Sakura Mankai
07 Sky Kid
08 brisa do mar
09 Spider Control 16th
10 Prismatics
11 PURACHINA
12 New Rally-X
13 Libble Rabble
14 Ordyne
15 The Return of Ishtar
16 X-Day
17 The Tower of Druaga
18 L7-A2
19 Mappy
20 Assault
21 Thunder Cepter
22 Rolling Thunder
23 Dragon Spirit
24 F/A
25 Ridge Racer
26 Ancient Zone
27 LOVE MAHJONG
28 Xevious
29 Dig Dug
30 Metrocross
31 Pacmania
32 Wonder Momo
33 Stronger
34 Berabo Man
35 Winning Run
36 Gun Bullet
37 Crowded Town
38 Burning Force
39 Genpei Toumaden
40 Galaxian3
41 The Absolute
42 Motos
43 Splatter House
44 Dragon Buster
45 Victim (Trial 1)
46 TECTEC(^^)v (Trial2)
47 mmarching Ants (Trial3)
48 rain dancers next (AC Ending)
49 rain dancers one more (PS2 Ending)

 

© ARIKA CO.,LTD.2002 ALL RIGHTS RESERVED.
GAME MUSIC LICENSED BY NBGI

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

碧(みどり)ライター
音楽好きな理系出身フリーライター。よくやるゲームは『リフレクビート』と『ぷよぷよテトリス』、『戦国大戦』。対戦格闘ゲームは『鉄拳』派、コンシューマはまったり派。『DQ』はII、『FF』はタクティクス、プロ野球は大洋ホエールズ。ゲームをやっていると、まずBGMが気になる。ゲーム音楽バンドがやりたい30代。