ゲームガンバをご覧の皆様、ドーモこんにちは! オフィスティーズガーデンの川中です。実は第2回の記事を執筆しようとした矢先、どこからもらったのか風邪をひいてしまいました。今現在もスリップダメージを受けながら原稿を書いております。どなたかはちみつください……いや、解毒薬ください。

モンスターハンター:ワールド、起動!

いよいよ本編に進みましょう。ゲームを起動すると、まずは一枚絵のタイトル画面が現れます。今までの「モンスターハンター」シリーズのように、壮大なオープニングムービーが流れてからタイトルに突入する、という仕様ではないようですね。それだけにこちらにもゲームに対する新たな期待感が高まります。なんかすでに小動物がちょろちょろと動き回っているし。

ゲームの起動画面。うっそうとした古代林が目の前に現れる

冒険の始まり

すでにプレイされている方はご存知でしょうが、今作の「モンスターハンター:ワールド」(以下、MHW)は「新大陸」という場所が舞台です。プレイヤーはそこを目指す新人調査団の一員で、新大陸では先輩調査員たちによってある程度の調査が行なわれている、という設定になっています。

新大陸へは船で向かいます。ここからが冒険の始まり

まったく新しいフィールドが舞台ということは、メーカーも思い切った冒険ができるし、既存のプレイヤーも新鮮味を感じることができるので、これぞまさにwin-winの関係ですね。商売上手!

ゲームは新大陸に向かう船に乗るところから始まります。新たなる冒険の旅に向けて、高鳴る鼓動! ふるえるぞハート! 燃えつきるほどヒート!! ……ってちょっと待てよ、俺は一体誰なんだ!? ……と、このタイミングでキャラメイクの画面に切り替わります。う〜ん、絶妙!

コミュ力が高そうなこのお二人に話しかけられると、キャラメイクがスタート

キャラメイクの新要素!

過去のモンハンでももちろんキャラメイクはできましたが、今作ではグラフィックの向上により、肌の質感やシワの深さなどのディティールまでをも設定可能に。そして何よりの特徴は、過去になかった「キャラがまばたきをする」こと! ……あ、モンハンフロンティアですでに実現されているのであればスミマセン。

これはデフォルト設定の男性キャラ。私が敬愛して止まないベア・グリルス(以下人物敬称略)に見えなくもない

まばたきの意味とは

話が少し逸れますが、人間っぽいCGに親近感を感じるか、それとも単にマネキンとしか感じないかの違いは、実は「まばたきをする」というとても単純な動作の有無だったりします。

これは我々ヒトという動物が、ヒトによく似た形をどう識別するかにおいて割と重要な働きをしています。例えば、読者の中にかつて「V(ビジター)」という宇宙人侵略モノのSF映画があったのを覚えておいでの方はおられるでしょうか。いたらきっと筆者と同年代だゾ。

この映画の中に、人間に化けた爬虫類型宇宙人(これもよくわからん設定だが)が某国の大統領とこっそり入れ替わるものの、それが一切まばたきをしないことでレジスタンスたちに見抜かれてしまう、という一幕があります。まばたきとはそれほど単純かつわかりやすい要素なのです。

こういうシーンでもまばたきひとつで緊迫感が変わる

ゲームでいうと「ストリートファイターIV」ではVS画面のキャラ絵が一枚絵だったのに対し、その後に出た「ストリートファイターX鉄拳」ではキャラ絵が動いてまばたきをするようになった、この変化のことですね。これで「おお! なんかキャラが生き生きしてる」と感じた人は少なくないはずです。

実際にキャラメイクしてみた

まずは男性か女性かを選びます。ただ、最終的に作ったキャラを保存するまでは性別の変更は可能(途中過程も男女別に保存される)なので、とりあえず男女色々といじってみるのも良いでしょう。

デフォルトのパターンも結構豊富で、しかも割と(失礼)出来が良いのでそれを使うのも手です。肌の色や髪の色も国際色に富んでいて、昨今のグローバル化に配慮している面も見られます。

アジア風の男性。これもデフォルト。私はサブキャラでこれを使っています

自分の思うままにキャラを作ることもでき、調整できるポイントもとても多いのですが、唯一「少ないな……」と感じてしまったのが髪型のパターン。そう、顔を作ろうとするとどうしても髪型を基準にせざるを得ないのです。とくに、誰か実在の人物に似せようとした場合は。

顔に合う髪型は……と考えると、案外バリエーションが少ないことに気づく

といっても、頑張れば自分の好みのキャラを作ることは可能ですけどね!

異性を作るときは自分の好みがモロに出てしまうことがおわかりいただけるであろう

男でいく? 女でいく?

さて私は迷わず男を選択。キャラの顔は自分の好みでトム・クルーズ、ライアン・レイノルズ、アーノルド・シュワルツェネッガーと次々にメイキングしてみたものの納得いくものができず、最終的に完成したのが彼。

ほら、キアヌ・リーブスっぽくない……? いや、ちょっと肉付きが良かった頃の

これは髪型や装飾品をごくシンプルなものとし、本当にフィールドを探索していそうな中年男性というコンセプトでメイキングしました。B級サメパニック映画ではたいてい最後まで生き残る研究者崩れのイケメンキャラですね!?

おっと、大切なことを忘れていました。もちろんアイルー(お供ネコ)のキャラメイクも細かくできますよ。

よろしくニャ!

余談ですが、アイルーの鳴き声設定をしていた時に、普段は寝てばかりいるうちの犬が「ニャア」という声に反応しまくっていたのが面白かったです。画面に向かって「?」「!?」と首をかしげまくり。今までネコの声だけに反応するようなことはなかったのになあ。もし同じような体験がある読者の方がいたら教えてください。

いつものうちの犬。名前はぼたん

ちなみに、不思議な場面に遭遇した動物が首をかしげる仕草を見せることがありますが、あれは別に人間に「カワイイ!」と思わせるためではなく、単に視野角や音源からの耳の位置を変えて、その正体を突き止めようとしているだけなのです。

夢を壊すなって? いえ、彼らは人間ではなくあくまで動物ですからねフッフッフ……。

いざクエストへ! 次回予告

さあ、というわけであっという間にスペースが足りなくなってしまいました! 次回は今回やると予告していたチュートリアルも含めて、いよいよクエストに出発します。

モンスターとの邂逅からー……

ド…ドジャクラヌス? なんだっけ??

元ネタになったであろう動物の解説まで!

見たことのある人も多いであろうあの爬虫類

独自視点でお送りしてまいります。それではレッツゴー狩りばっかーず! あ、FOOすけさんまだサークルに入れてもらっていないので、加入させてください……。

以上、ティーズガーデンの川中でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

川中 豪(たけし)
川中 豪(たけし)オフィスティーズガーデン主催
生き物とゲームを愛する電脳ナチュラリスト。動物では特に爬虫類や古生物が好きです。最近は「ウルトラストリートファイター2」にもハマっており、ブランカでプレイしています。