ゲームガンバをご覧の皆様、ドーモこんにちは! オフィスティーズガーデンの川中です。気づけばこの連載も第3回。「モンスターハンター:ワールド」(以下、MHW)をマイペースでゆっくり楽しんでいる私ですが、反面プレイにどっぷりハマっている友人たちからは……。

「ハンターランクが3桁に達したが、それは遥か大昔の出来事」
「もはやモンスターと戦っているのか、睡魔と戦っているのかわからなくなってきた」
「プレイ中に寝落ちしたものの、目覚めたら何故かモンスターが倒れていた」

などの悲鳴にも似た叫び声が聞こえるとか、聞こえないとか。いやあ、泥沼のようなゲームですね! 泥沼に沈んでしまわないようにするためには「消散剤」が必要です。
(注:消散剤=泥やられ状態などを解消するアイテム。「MHW」にもあるのか!?)

いざ、狩猟の旅へ!

チュートリアルを触った感想

結論から言うと「MHW」の操作はとても簡単です。過去のシリーズをやったことのある方であれば、すぐに慣れるでしょう。グラフィックスやゲームシステムが変わったということで、購入に二の足を踏んでいる方がいるかもしれませんが、その心配はありません。

 

そして、シリーズをプレイしたことがない方や、3Dのゲームは難しそうでどうも……という方でも大丈夫。ストーリー中にこと細かく操作のアドバイスが表示されるようになっていますから、自然と操作できるようになっていきます。

Lボタンで進むと、ツタをかき分ける。ふむふむ

プレイヤーを動かし、ゲームを進めよう!

前回の連載で紹介したキャラメイクが終わると、まずはチュートリアルが始まります。順調な航海を続けていたプレイヤーたちの乗る船は、突如現れた謎の火山に座礁。そこで船を降り、火山の周囲を探検するのですが、ここで初めてキャラクターを動かせるようになります。このパートでは、ダッシュしたり壁に登ったりという「モンハン」の基本操作が学べます。もちろんクエストの失敗などはありません。

新大陸へ向かう調査員たち。環境の異変からか、不幸にも船は火山に衝突してしまう。後ほど暴かれる火山の正体とは……

新たなる大陸へようこそ!

そして火山から脱出したプレイヤーを待ち受けるのは「新大陸」。先ほどの地獄のような場所とは打って変わって、緑広がる美しい大地が眼前に広がります。

そう、この場所こそが今回の「モンスターハンター:ワールド」!

ここはストーリー序盤のフィールドとなる「古代樹の森」。よく見ると過去作のファンにはおなじみの「アプトノス」や、未知の小型モンスターが見うけられます。しかし、その形態や生態は過去作と少しだけ異なるようです。

上記のような生息地の違いによる形態のちょっとした変化は、現実の生物学でいうところの「亜種」に当たるのですが、その話は次回以降に回します。

これはソテツという植物がモデルかな? よく小学校の玄関に植えられているやつ。葉っぱの黄ばみ具合がリアルだ

のっけからクライマックス!

さて、チュートリアルはこの古代樹の森に降り立って、プレイヤーたちの基地に到達するまで続きます。つまりゲームオーバーになる心配もなく「MHW」の世界を堪能できるということです。

「アプトノス」という生肉……、いや、草食モンスター。過去作プレイヤーにはおなじみ

チュートリアル中にプレイヤーたちに襲いかかるのは「ジャグラス」という群れで行動するモンスター。キバが鋭く動きが速い、獰猛なトカゲのようなモンスターです。

ジャグラスの群れに囲まれる私(右)と、今作のお騒がせ要員の受付嬢(左)

このパートではモンスターとの戦闘は行なわず、茂みに隠れたり、走って逃げたりします。そして、脱出に成功したプレイヤーたちを待ち構えていたかのように襲い来る次なるモンスターは……。

茂みからのアンブッシュ! グリーンイグアナめいた大型モンスターが登場!

怒涛の大型モンスターたちの襲撃

みなさんはグリーンイグアナという爬虫類をご存知でしょうか? あのトカゲによく似た大型モンスター「ドスジャグラス」が突如現れ、主人公たち(主に受付嬢)の前に立ちはだかります。

「今行く何とか持たせろ!」とばかりに、通常の3倍のスピードで駆け付けんとする私(写真右端)

何とか「ドスジャグラス」の牙をかいくぐり、全力で拠点まで走る(ここの操作もチュートリアルに含まれます)プレイヤーたち。しかし背後に迫り来る「ドスジャグラス」!! ああ、もう間に合わない……そんなピンチに輪をかけるように、なんと新たなモンスターが現れるではありませんか!

突如、走り幅跳びよろしく飛来する恐竜型モンスター、アンジャナフ! 拠点の城門とドスジャグラスも右側に見えるぞ

登場するのはあからさまな恐竜タイプの大型モンスター「アンジャノフ」。拠点を目の前にして、状況はまさに前門のティガレックス(虎)、後門のジンオウガ(狼)。もはやこれまでと天を仰いだ次の瞬間……

なんとモンスターが狙っていたのはモンスターだった! 何を言っているかわからねーと思うが(以下略)

「アンジャノフ」が「ドスジャグラス」に咬みついている! 理由はよくわからないが、とにかくこれはチャンスだ。同士討ちしている隙に城門を潜るしかない! 走れ、プレイヤー、走れ! 受付嬢はドサクサに紛れてすでに城門の中に逃げ込んでいるぞ!!

混乱のあまり半目になってダッシュする私

熾烈な争いを繰り広げるモンスターたちを尻目に、なんとか城門へハリウッド・ダイブ!

こうして命からがら拠点へと逃げ込んだ主人公たち。操作のチュートリアルとしては、いったんここで終了となります。

拠点に着くまでがチュートリアルです(家に帰るまでが遠足です的な)

主人公たちの活動拠点となるのが、ここ「アステラ」という大型キャンプ。モンハンシリーズでいうところの加工屋やマイハウス、食事場などが全て揃っています。いよいよここからクエストを受注して、「MHW」のゲームがスタートするのです。

ここが調査拠点アステラ。けっこう広いので最初は迷子になるかも

さてさて、システムのお話もひと段落したので、次回は登場するモンスターたちをより具体的に独自解説していきたいと思います。

私自身気になっていたので質問を後回しにしていたのですが、みなさん爬虫類はお好きでしょうか? まあ、好きな人と苦手な人に二分されると思うのですが。次回からは、実際の爬虫類の画像もたくさん登場します。トカゲやヘビが苦手だなという方も、この機会にリアルな彼らに興味を持ってもらえると嬉しいです。

それでは次回をお楽しみに。以上、オフィスティーズガーデンの川中でした!

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

川中 豪(たけし)
川中 豪(たけし)オフィスティーズガーデン主催
生き物とゲームを愛する電脳ナチュラリスト。動物では特に爬虫類や古生物が好きです。最近は「ウルトラストリートファイター2」にもハマっており、ブランカでプレイしています。