対戦格闘ゲームの一大ムーブメントを築いた珠玉の名作『ストリートファイターII』(以下、『ストII』)。このコーナーでは、第一作目の発売から20年以上を経過した今も色あせることのない『ストII』の歴史を、さまざまな「ストIIプレイヤー」たちの視点から語ってもらう。

第2回には「世界の永田」として名高いYOKOZUNA、S・本田の使い手である永田正月氏をゲストにお迎えした。当インタビューは、前・中・後編に分かれており、今回はその中編となる。今なお現役の第一線を張る氏の歴史をその目で確認していただきたい。

なお、インタビュー前編はこちら

ネタと心理戦を楽しむ!

前編からのつづきとなります。

FOOすけ(以下、「F」):そうなると、本田の技がいろいろと開発されはじめたのがそのあたりからってことかな。

正月(以下、正):いや、それについてはもうだいたい開発されてました。

F:そうなんだ。

:例えば、チョップを後頭部で当てる感じで相手を落として背中で拾う、通称「プリソナー」っていうやつは四谷さんがやっていて、画面端でやるバージョンは秋場さんが見つけたものですね。自分はその両方をバンバン実戦投入していたという感じです。前者が「本田プリソナー」、後者は「石神井プリソナー」って、おけやんのほうで区別してました。プリソナーの元ネタは東亜プランの『ゼロウィング』からだと思います。

F:おけやんって、連係に名前付けるの大好きだったからな~。

:そうそう。エドモンドダイナマイト(※)、シューティングパパイヤ(※)……あれ全部おけやんですよね。
※エドモンドダイナマイト……さば折りからスモウプレスで表裏二択→四股蹴りでピヨり、の連続技。
※シューティングパパイヤ……バックジャンプしたダルシムを頭突きで追いかけ、着地に振り向き弱頭突きを当ててピヨらせる技。

F:ネーミングだけじゃなくて、連係そのものもそうだったっけ。

:そうだと思います。自分の場合はボディプレスからしゃがみ強Pとか、つかみからのしゃがみ強Pとか好んでやっていましたね。

F:親の総取りパンチね(笑)。

:そんな感じでいろいろとやってはいたんですが、実戦で勝つための動きとはほど遠いなと思っていたからこそ、使わせてもらったっていうものが多いですね。当時ブランカなんかも普通に使っていました。いわゆる飛び込み三段、ピンポンパン(※)とかガード不能ブッシュバスター(※)とか。
※ピンポンパン……ブランカのジャンプ強P→立ち中P→しゃがみ強Pで構成される3ヒットコンボの名称。
※ガード不能ブッシュバスター……内部的な処理の関係上、当時のブッシュバスターはたとえガードしていても、50%の確率で食らってしまう現象のこと。

F:ガード不能ブッシュバスター! そんなネタもありましたね……。

:でまぁ、石神井で対戦するようになって、何となく自分は勝ちにこだわるというのではなくて、不利な組み合わせにどうやったら勝てるようになるんだろうっていう遊び方のほうにシフトしていって。ガイルとダルシムを倒すにはどうすればいいんだ、春麗倒すにゃ何したらいいんだとか。

F:なるほどね~。

:だから、ダンナがダルシム使っていたら、ずっとリュウで乱入するとかやってましたね。そしたら「キミ、やたらみつぐ(※)ねェ……?」みたいなことをダンナに言われたことがある(笑)。
※みつぐ……当時はバブル全盛でアッシー君、メッシー君、ミツグ君といった流行語があり、そういう言い回しがよくされていた。時代を感じる……。

F:すんげー失礼な奴だな俺は(笑)。

:「何でそんな組み合わせで入ってくるの!?」みたいな感じでしたね(笑)。しかも100円ゲーセンなのに。でも、こっちは「相手がどういう考え方をしているのか」とか「こんなときに安直に技を出してくるから、そこを刈り取ってやろう」とか、そういう姿勢で対戦してましたね。

F:すごいチャレンジ精神だ。

:強キャラ使いって、すごく慢心的な戦い方をするじゃないですか。

F:うん、さっきの話じゃないけど、これだけ出してりゃOKみたいなところあるよね。

:そうそう。ちょっと小足をピシピシと当てたあと、「もう技出すんでしょ」っていうタイミングで昇竜拳当ててピヨらせ、ジャブ昇竜で「ハイ終了~ざまぁみろ~^^」とかやってたんですが、ときおり伸ばした手に昇竜拳当ててるのに512ガード(※)されて「おいッ!」とかなったりしてね(笑)。
※512ガード……いかなる状況で技を当てられても、1/512の確率で自動的にガードをしてくれる現象のこと。

F:心理戦的な部分を制する戦い方が好きだったんですね。あとは強キャラ使いを倒すのが好きと。

:強キャラ使いを倒すのが好きで、あとは相手に心の底から「やられた!」って思わせるような、悔しがらせるプレイみたいなものが好きでしたね。石神井でやっている対戦、とくに松田さんと対戦しているときはそんな感じでした。「バレバレなんだよ!」みたいなやりとりしながらやってましたね(笑)。松田さんはホントにやることがエグくて、小足連打中に弱攻撃あと1発でピヨる状況でわざと連打をやめて、一瞬間を置いてから(投げに行くと見せかけて)また連打を始めるとか……そんなのどうせ投げられたらピヨるんだから、こっちはもう食らうしかねーだろ! みたいな(笑)。

F:ひどい(笑)。

:結局そういう所が面白いですよね。リュウvsガイルでソニック追いかけてきたガイルにバックジャンプ繰り返して、とどめはロケッティアで倒すとか(笑)。

F:ロケッティア(笑)。リュウケンの前ジャンプ直後の強キックですね。

:ダルシムで言えばスナイパーで倒すとか、春麗ならば飛ばせてから空中投げ、ガイルならバスタードロップで投げるとか……どれだけ自分をアピールして勝てるかっていうのはありましたね。

太刀川、ハマー……強豪プレイヤーたちの台頭

まぁ、後に『ダッシュ』が出たあとの太刀川マサオ(※)が、それを全部実践するような奴だったんですけど。
※太刀川マサオ……『ダッシュ』全国大会優勝者。伝説の全キャラ使い。

F:まあ、マサオはひとケタ、レベルがちがってたからなぁ。

:当時『ダッシュ』で会ったときはヤツに恨みのカタマリみたいな話し方されまして。

F:えっ、それはどういう(笑)。

:「永田さんにボコボコにされたんですよ、金ないのに……」みたいな感じで。で、「えっ、全然覚えてないんですけど……あなたワタシのこと恨んでたんですか!? すみません」みたいな(笑)。

F:知らないところで恨みを買っている永田正月……。

:そのあとは下井草に結構集まるようになって。当時はめずらしい通信対戦台で設置してあって、しかも1プレイ50円っていう、いい環境でしたからね。西荻とかそこらへんの人間はみんな来ていて……何より、松田さん命名の「ハゲあがりダルシム」が超つえーとかいう話で。

F:ハマさんね?

:そう(笑)。なんか「先生」って呼ばれているらしいぜとか言って。で、その横にメチャメチャ堅いガイルもいるぞと。

F:20号(※)ね。
※20号……『ダッシュ』全国大会でベスト8にまで登りつめたガイル使い。ソニックブームを撃つのが大好き。

:そう(笑)。ふたりでずっとガイルvsダルシムやってたから、その組み合わせでヤツラに勝つことはマジでできないみたいな。

F:ほー。ふたりとも強かったからなー。

:ちなみにこのあたりの話までで正味10ヶ月以内の内容だから、相当濃いですよね。で、1月か2月ぐらいには下井草で団体戦なんかもやりましたね。その間、柏とか西千葉とか板橋、高田馬場、神田……いろいろなところに行きましたね。ダンナとは石神井の大会で知り合って、「馬場キャロ」とか神田の「ジャック&ベティ」とかで対戦してましたよね。

F:なつかしい(笑)。えびせんの店長とか来てたよね(笑)。

:あれ、えびくん(※)いたんだ?
※えび……当時、高校生でありながらゲーメストのライターをやっていたスーパーゲーマー。

F:当時、彼は高校生だったかな? で、ゲーメストのライターもやっていたとかで、よくあそこに出没していたかと。

:俺は「FOOすけさんて人が神田の『ジャック&ベティ』で対戦しているらしいよ」って聞いたんで行ってみたんですよね。そしたら、そのときダンナはいなかったんですが、「ジャック&ベティ」の常連が「うん、本田だったらダルシムは五分ぐらいだから入ってもいいだろう」とかいうワケのわからない理論で乱入してきて「オイこいつマジかよ(笑)」って思った、みたいなことがありましたね(笑)。

F:何だそりゃ(笑)。

:「どういう理論づけでキミは本田がダルシムと五分とか言ってるの?」とか思ったし、そもそもどんな理由でも乱入するのはべつにかまわないんだけど「五分だからいい」とかっていう意味がわからなかった(笑)。

F:当時は面白い人がいっぱいいたよね(笑)。

:いましたね(笑)。いろいろと一方的にこっちに話しかけてきて、それを聞くのはいいとして、まずキミは誰なんだみたいな(笑)。

F:あったあった(笑)。ほかにも、あのゲーセンにはやまかわ悠理(※)氏とかも来てましたね。
※やまかわ悠理……当時のスコアラーにしてゲーメストのライター。

:ダンナがあそこのゲーセンでいろいろとネタを披露すると、次の号の「ゲーメスト」に「ダルシム最強伝説!」みたいな感じで載ったりして。

F:そうでしたっけ。あのゲーセンは当時の職場にすごく近かったんで、それで結構足を運んでいたっていうのはあったけど。……でもまだこれ『ストII』の話ですね(笑)。

:そう、『ストII』の話。まだつづきますよ。

F:これ前後編にするとかいうレベルじゃなさそうだな……。

これが噂の永田投げ!? 横並び筐体の悲劇

:でまあ、そのほか「タロー」とかでも「情報を置いていく人間」みたいな立ち位置で遊んでいたんですが、そこで横村さん(※)なんかとも知り合った。そういえば当時、横並びのタイトー筐体、超せまいコンパネのやつなんですが、その2P側にイケイケのガイル使いがいて、いつもソニック撃った瞬間にダルシムの立ち強キックを食らってやられるんですよ。「何で毎回わかるんですかッ!」って横村さんに問い詰めてたんですけど、ソニックブームを撃つときに、レバー入力をする動きがダイナミックで、コンパネもせまいから1P側の強Kボタンに手が当たっちゃってるんですよね。横村さんは「キミが押しているんだけど……」って毎回答えていた(笑)。
※横村……当時板橋の隠れ名所であるゲーセン「ロッキー」でバイトをしていたヨガ・ストライクバッカーズのダルシム使い。

F:アツい人だなー(笑)。

:まぁエスパーみたいなもんですよね(笑)。毎回ソニックブームに合わせられるんだから。

F:自分で押してちゃ世話ないよね(笑)。

:当時、横並び対戦台のときは、そういう話も結構ありましたね。あと、馬場でフルセ(※)っていうガイル使いが強いぞって話があって。
※フルセ……すごいすごーい。うごくうごーく。ボクフルセ。「高田馬場キャロット」のガイル使い。通称、ムテキくん1号(現在のムテキくんは2号)。ちなみに「ムテキ」の名称は高田馬場キャロットの店員が「あの子強すぎるから」という理由で付けたもの。なお2号はハマさんによる命名。

F:ありましたね。

:当時、柏さんとかと、敵の目の前でしゃがんでから投げるっていうことをやっていたりして。「これ結構アツくねぇ(笑)?」みたいな感じで。こっちが攻め攻めの状況で相手がビビっているところに使ってこれでトドメを刺すとか。ダンナが「永田投げ、永田投げ」ってすごい宣伝したあれです。

F:で、でた~! 「永田投げ」(笑)。

:EVO会場でも「Oh! NAGATA-Through!」とか言われているらしいじゃないですか(笑)。

F:そうなんだ!? すごいね。

:アンタのせいだろ(笑)。

F:いや知らないですよ(笑)。

:事あるごとに言ってたから格ゲー用語辞典とかにも書かれたりして……。まぁもともとはそれを柏さんがやっていたんですけどね。

F:じゃあ本来は「柏投げ」だったんだ。当時、技に人の名前付けるの流行ってたよね。その人が多用するからっていうことで。清藤キック(ガイルの遠距離立ち強キック)、青木パンチ(ガイルの垂直ジャンプ強パンチ)、そして永田投げも。

:面白いから俺も使っていたら、なんだか「永田投げ」という名前が付いてしまったという……。というか当初この名前は、どちらかと言うとバカにされているような感じで使われていることの方が多くて。

F:えっ!? ああ、それがフルセの話ね? 「これが噂の永田投げかぁー^^」って言いながら1回も食らってくれなかったという(笑)。

:そうそうそう(笑)。あのときは、いったんしゃがんでから小足入れたり、投げに行ったりという感じでやっていたんですけど、当時、隣同士で座るタイプの筐体だったんで、フルセくんはこっちの手元を見てるんですよね(笑)。

F:あーそうそう(笑)。あの人コンパネ見る(笑)。

:なので、まったく通じるわけがないんですよ、普通に考えて(笑)。

F:わかる。フルセにはその手の行動は効かないんだよね。あの人ただでさえうまいのに、相手のコンパネもきっちり見るんだ。

:だからタチ悪いんですよ(笑)。「これが噂の永田投げかぁ、怖いんだよなぁ~^^」って、お前1回も食らってないだろう!っていう(笑)。で、それを聞いたダンナやハマさんが、その話を楽しそうにするという流れで。

F:あれねー! いや実際その話以降「これが噂の永田投げ」エピソードはめっちゃ流行ったんですよ(笑)。そうか、事前に技の情報が漏れて通用しなかったとかじゃなくて、コンパネで通じてなかったんだ(笑)。それは新事実だ。

:ええ……。

F:とは言え、結局あのあと対面型の通信対戦台になってもフルセはすごい強かったから、まぁそういうものかってあきらめもつくんだけどね(笑)。

:そうそう。もとが強いくせに、勝つためならなんでもやるっていう(笑)。

F:フルセ戦の話なら俺にもあって、俺が「よーし、ここから強スラでこかせてハメに行くかぁー」って思って、ソニック合わせでスラ出そうとするとき、かならずサマーで斬られてたんだよね。「なんでだ?」って思ったら、やっぱり見てるんだよ、コンパネを(笑)。「FOOすけさん強キック押すときわかるんで……^^」って、いやそういう話なの!? って思って、それからボタンの押し方変えたりしたことがあった(笑)。

:あー(笑)。

F:永田さんもさ、当時、本田で張り手をするフリをして別の行動をしたりとか、無音連打で張り手出したりとか、結構そういう横並び対策みたいなのはしてたよね。

:ボタン連打するとき、ボタンじゃない場所を連打していたりとかしてましたね(笑)。

F:うーん、横並び対策、懐かしい。

下井草の大会で「正月本田」が爆勝!

:乱入が気兼ねなくできる通信対戦台がある、ということを最初に聞いたのは、確か明大前のゲーセンでしたね。「ナミキ」じゃなくて、「大学院」ってゲームセンターだと思ったけど。「おっ、これはすごい画期的だ!」と思ったものの、今までは「入っていいですか?」って相手に聞いていたのに対して、有無を言わさず乱入できるというのが逆にコエー、というのはありましたね。

F:そうだねぇ。あれでコミュニケーションがひとつなくなったんだよね。

:そうそう。その通信対戦台が主流になってから、下井草にも行くようになりました。石神井にも置かれましたけど……。通信対戦台が出回り始めたのはAMショーが終わったあとの9月くらいかな? AMショーでは最新ゲームが『キャプテンコマンドー』だったけど、みんな『ストII』の対戦ばっかりやってましたね。

F:すごい時代でしたな(笑)。

:まぁそれで、なんだかんだで本田でいろいろとやるようになって、下井草の団体戦ではほとんどのチームのガイルに本田で勝つことができました。のすけに文句を言われていたのもまぁもういいだろうという、ひとつの区切りになりましたね。20号に勝って、KK(※)に勝って、首藤さん(※)に勝って……ダルシムもかなり倒しましたし、当時は春麗にも負けなかったし、一通りは満足したというか。今思うと、本田はそこまで勝てるようなキャラ性能じゃないんですけどね。ハメに対して弱すぎるし。
※KK、首藤……当時トップレベルだったガイル使い。

F:ということは、下井草の団体戦が終わる頃には、永田本田というのが確立されていたんだ。

:そうですね。

F:のすけにも有無を言わさず(笑)。

:そうそうそう(笑)。しかも、のすけも倒しましたからね(笑)! これで文句ねぇだろみたいな……たしかそうだったと思います(笑)。面白かったですね。そのあと石神井の団体戦もあったんだけど、あのときは個人的にはどうでもいいかなと思っていて。ダンナが「ヨガ・ストライクバッカーズでダルシム8人集めます(キリッ」みたいなこと言ってましたよね。

F:完全にクズの思考です(笑)。「ダルシム強いから8人いれば負けないだろ」という。

:あの団体戦自体、ダンナが企画してたんですよね。8人同キャラでもいいし、ちがうキャラでもいいしというフリー形式。で、松田さんは松田さんで、「俺はリュウケンズで出る! 知り合いのリュウケンで熱いヤツらを集めるぜ」みたいなことを言ってたんだけど、テレビが取材に来るとなったら、いきなりガイルとかダルシムとか使いはじめて(笑)。ケンをやる予定だったカメラ屋さん(※)にも「お前ブランカ使っていいぞ」とか。キャラクターが固定じゃないから相手によって変わりまくって、もはや「リュウケンズ」でもなんでもないっていう……(笑)。
※カメラ屋……すべてを足払い戦に賭ける地上戦の達人。某マンガで言うところの「ビデオ屋」「オケ屋」。

【俺IIメモリアル③(永田正月編)】

なんと8人団体戦の資料も残っていた。「始まろうとしている……。」じゃないっつーの。しかもこれ、FOOすけ制作のチラシですよ、恥ずかしい! 「ガイルの真空投げを発動した時点でチーム全体が負け」という初代ならではの注意書きがポイント。それにしても、当時はひどいクセ字でした。

なんと8人団体戦の資料も残っていた。「始まろうとしている……。」じゃないっつーの。しかもこれ、FOOすけ制作のチラシですよ、恥ずかしい! 「ガイルの真空投げを発動した時点でチーム全体が負け」という初代ならではの注意書きがポイント。それにしても、当時はひどいクセ字でした。※画像はクリックで大きくなります。

F:「プレステージ」が取材に来るって話でしたね。

:ですです。俺は直前までは予備メンバーで出る予定だったんですけど、正式メンバーのGOTくんが直前まで来られるかどうかがわからなくて……とかそうこうしているうちに、入る予定のチームが全員メンツそろっちゃったから、じゃあ今回はいいかって。

F:ん? 出なかったということ?

:出なかったですよ。映像には出てるけど(笑)。意外と大会に関しては斜に構えているというか、「別にいいんじゃん?」っていうスタンスで。

F:大会で勝ったやつを倒せばいいやみたいな。

:そうそう。清藤くんに勝ったからチャリよこせとかね(笑)。

F:ひどい話だ(笑)。あのチャリ、盗まれたらしいですよ(笑)。

:みたいですね(笑)。

F:ふーむ、出なかったんだ。あれって最終的にはどこが勝ったんだったっけ。

:松田さんとこのリュウケンズですよ。

F:ああそうか。それで彼がテレビに出てたんだった。

ちなみにFOOすけもなぜか一緒にテレビに出る予定だったのだが、直前でその話がなくなったというのは内緒だ。さて、これにて中編は終了、後編からは『ダッシュ』以降の話へと突入し、現在の永田正月に至るまでの経緯が一挙に明かされることになる。「世界の永田正月」誕生の意外な秘密とは……? 後編も乞うご期待!

(後編につづく)

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

FOOすけ
7つのペンネームを使い分け(本当は3つくらい)、さまざまな媒体で執筆活動を行なっている覆面ライター。でも隠しているわけでもないので、聞かれればお答えします、とは本人の弁。